水の硬度

水の硬度とは何か、硬水と軟水の違いをくわしくお伝えしています。それぞれの味の違いや、お風呂や料理に使ったときの効果など。

硬水と軟水の違いって?水の硬度とは

私たちが普段飲んでいるお水は、水の硬度によっても「硬水」と「軟水」の2種類に分けられます。水の硬度は、その地域の水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量をあらわした数値のこと。主に次のように分けられます。

硬水と軟水の分類

  軟水 硬水
WHOによる硬度基準値 硬度0~120mg/l 未満 硬度120mg/l 以上
おもな産地 日本 ヨーロッパや北米(ボルヴィックやコントレックスなど)

日本の水はほとんどが軟水ですが、ヨーロッパや北米では主に硬水になります。日本でも、硬水を飲むことは可能で、市販のペットボトルのボルビックやコントレックスが有名ですね。

味の違いは、軟水は口当たりが軽くて飲みやすい硬水はマグネシウムが多いほどしっかりした飲みごたえになって苦みを感じやすい、と言われています。

同じ水でも、産地によってまろやかに感じたりするのは、水の硬度の違いによるものなんだそうです。

硬水はダイエットに、軟水は美肌や料理にも良い

硬水と軟水は、味の違い以外にも、次のような特性があると言われています。

硬水の特徴

  • ミネラルが豊富でデトックス作用が高い
  • ダイエット・便秘解消に良い
  • 料理はアクが出やすい肉料理やパスタ向き(ご飯を炊くとえぐみが出やすい)
  • お風呂で使うと肌が乾燥しやすい、石けんが泡立ちにくい

軟水の特徴

  • 人体のミネラルバランスに近く吸収されやすい
  • 肌が乾燥しにくくなって美肌に良い
  • 料理はご飯やお茶類など全般向き。素材の味を引き出すのが得意
  • 石けんやシャンプーが泡立ちやすい

日本では、硬水は主にダイエットやデトックス目的で、飲み水として愛用されることがほとんど。それ以外のところでは、あまり日本人にはメリットはないと言えそうですね。

例えば、ヨーロッパでは、洗顔にミルククレンジングを使うのが一般的だそうですが、その理由がヨーロッパの気候と硬水によって肌が乾燥しやすくなるためなのだとか。

日本で同じようにすれば肌がベタベタしたり、中にはニキビができてしまう方も…。やはりその土地に合ったお水を使うのが、体には一番良いのかもしれませんね。

軟水は、お肌の潤いをキープするにも良く、料理に使うにも味がまろやかなため、素材の味を大切にした和食には最適だそうです。

セントラル浄水器が良く分かるおすすめの特集ページ

買取とレンタルどっちがお得?
セントラル浄水器は、買い取った場合とレンタルではトータル的な費用に大きな差が出てきます。使用後3〜10年間の費用を比較!
セントラル浄水器のメリット・デメリット
初期費用が高いのが唯一の難点と言えるセントラル浄水器ですが、ランニングコストは安く、一家の健康を支えてくれるメリットがあります。