HOME » 意外と知らない水についての疑問を調査! » 塩素はないほうがいい?

塩素はないほうがいい?

そもそも塩素とは何か、残留塩素の働き、必要性、体への影響、家庭用浄水器を付けるメリットなどお伝えしています。

残留塩素による体への影響

塩素は、私たち人間の体にどのような悪影響を与える可能性があるのでしょうか。

残留塩素による考えられる体への主な影響

  • 脳や肝臓、腎機能の低下
  • 妊娠初期に大量に飲むと流産しやすくなる
  • 熱せられてお湯になると、発ガン性物質トリハロメタンが増加する
  • 肌や髪が乾燥しやすくなる(たんぱく質を破壊)
  • 切れ毛や枝毛になりやすい
  • 肌荒れを起こしやすい
  • 子どもの肌やアトピー肌でかゆみや炎症が出やすい など

実際に水道水をそのまま使うと、お風呂のお湯がピリピリ感じたり、子供だとより敏感になります。切れ毛、枝毛、肌の乾燥、アトピー肌、疲れやすいなどの体調不良も、実は塩素が原因になっている場合があるそうです。

そもそも塩素の正体って?日本の水道水の安全性

水道水に含まれる塩素は、人間の体には刺激が強いことで知られていますが、実は塩素は完全になくしたほうが良いというわけでもないんです。

そもそも塩素は、水を安全に使うために、浄水場で細菌やウィルスを死滅させるために使われています。最初はかなり濃い濃度で使われる塩素も、各家庭の水道にたどりつく頃には、ごくわずかな量の残留塩素として含まれているそう。

残留塩素については、日本では安全性確保のために蛇口から出る水道水には必ず一定量が残るように法律で義務づけられています。「水道法」の基準では、0.1mg/L(0.1ppm)以上を保つようになっています。

より快適な水質を設定した項目でみると、1リットルあたり1mg以下の残留塩素が理想的とのこと。天候や雨量にもよりますが、東京や大阪では、1リットルあたり0.6~0.9mgの塩素が水道水に含まれているそうです。

わずかな量ながらも、塩素が残っているからこそ安全な水が飲めるとも言えるんですね。もし、塩素が入っていないと、水道水は雑菌だらけになってしまいます。

日本の水道水が世界一安全!と言われているのも、実はこの残留塩素のおかげとも考えられています。

浄水器で残留塩素は取り除ける?

残留塩素による影響を防いで安心してお水を使うためには、自宅にも浄水器を付けるのが安心です。その際に知っておきたいのは、日本で販売されている浄水器の中で完全に塩素濃度をゼロにできるものはないこと。

むしろ、衛生上必要な措置として設けられている「水道法」の基準0.1mg/L(0.1ppm)以上が守られれば、菌の繁殖も抑えられ安心と言えます。

たとえば、口を付けたペットボトルの水やミネラルウォーターは、細菌が入るとみるみる雑菌が繁殖してしまいます。

塩素がゼロにならないから効果がないのではなく、都心部や浄水場近くの塩素濃度が高い地域の水の安全性を高めたり、浄水場ではとりのぞけない水道管のサビや微生物を除去するにも浄水器が最適です。

実際に自宅に浄水器を導入した人たちからも、肌が乾燥しにくくなった、娘のアトピーが良くなった、髪質が変わった、カルキ臭がないから水もご飯もおいしくなったなど、たくさんの満足の声があります。

家族の健康と美容のためにも、新居を購入する際には浄水器の導入も検討してみると良いと思います。

セントラル浄水器が良く分かるおすすめの特集ページ

買取とレンタルどっちがお得?
セントラル浄水器は、買い取った場合とレンタルではトータル的な費用に大きな差が出てきます。使用後3〜10年間の費用を比較!
セントラル浄水器のメリット・デメリット
初期費用が高いのが唯一の難点と言えるセントラル浄水器ですが、ランニングコストは安く、一家の健康を支えてくれるメリットがあります。