HOME » 意外と知らない水についての疑問を調査! » ミネラルウォーターVS浄水器

ミネラルウォーターVS浄水器

浄水器とミネラルウォーターではどちらが良いのか、それぞれのメリット、デメリット、年間でかかる費用など、くわしくお伝えしています。

浄水器とミネラルウォータはどちらが良いか比較!

浄水器を使う以外には、より安全に水を飲むためにミネラルウォーターを購入する方もいますよね。飲み水としてはどちらが優秀か、それぞれのメリットとデメリットを比較しました。

ミネラルウォーターの特徴

メリット
  • 硬水、天然水、RO水など、好みの水を好きな時に飲める
  • 飲みたいときに手軽に購入できる
  • 機器を取り付けたり、フィルター交換などの手間がかからない
デメリット
  • いちいち買いに行くのが面倒
  • 料理に使うとかなりの量が必要になる
  • 置き場所にスペースを取られる
  • ランニングコストが高い
ミネラルウォーターの特徴説明をする女性あい
市販のミネラルウォーターは、種類を選べるのが良いですよね。硬水はデトックスに良いっていうし、合わなければ他の水に切り替えるのも、好きなタイミングでできるし。ただ、硬水の場合は、成分的に和食やドリンク類、赤ちゃんのミルクを作るには向かないのだとか。(by.あい)

浄水器の特徴

メリット
  • 蛇口をひねるだけで美味しい水が飲める
  • 量を気にせず料理にも使える
  • 機器を取り付けるだけなので、室内のスペースは取られない
  • ランニングコストが安い
デメリット
  • 初期費用がそれなりにかかる
  • 取り付けやフィルター交換などの手間がかかる
浄水器について説明する主婦くみこ
長期的に安全な水を飲むなら、やっぱり浄水器が一番!費用を気にせずいっぱい飲めるし、赤ちゃんのミルクや料理にも安心して使えます。前の家ではペットボトルを定期購入してたんですが、水の置き場所にかなりのスペースを取られたので、浄水器にしてからは室内が広く使えて便利ですよ。(by.くみこ)

費用はどれくらい違うの?

毎月のお水にどれくらいの費用がかかるかも、家計を守る主婦にとっては重要なポイントですよね。

ミネラルウォーターにかかる費用は、1日で2リットルを1本消費するペースだと

1ヶ月の費用が120円x30本=3,600円ほど。

年間で3,600円x12ヶ月=43,200円ほどになります。

一方、浄水器にかかる費用は、一般的な蛇口に付けるタイプだと

年間で浄水器本体5,000円+交換カートリッジ5,000円×4回=25,000円ほど。

2年目以降は、カートリッジの交換費年間20,000円+わずかな水道代のみで、浄水を好きなだけ使うことができます。

家族の人数が多ければ多いほど、また料理に浄水を使う場合にも、浄水器の方が費用は断然オトクになります。

安全性を考慮するなら、飲み水以外にも浄水を…!

ミネラルウォーターと比べると、浄水器の大きなメリットと言えるのが、飲み水以外にも浄水を使えることです。

家中の水を一括で浄水に変えられるセントラル型の浄水器なら、料理はもちろん、お風呂、洗顔、歯磨き、洗濯、ペットのお世話も、 暮らしの水すべてに浄水が使えるようになります

もちろん水道水でも問題はないかもしれませんが、赤ちゃんがいたり、家族のために安全性を考慮するなら、飲み水以外にも気を遣う必要があるんじゃないでしょうか?

とくに水道水の残留塩素は、飲み水より肌に触れるお風呂での影響の方が、何十倍も大きいと言われています。その他にも、残留塩素による衣類の傷み、ペットへの悪影響などを気にする方も、最近は増えていますよね。

セントラル浄水器を導入するにはそれなりの初期費用がかかるので、ご家族ともよく相談して決めるのがおすすめです。これを機に、ぜひ皆さんも自分たちに合った安心できる水のある暮らしを叶えて下さいね。

セントラル浄水器が良く分かるおすすめの特集ページ

買取とレンタルどっちがお得?
セントラル浄水器は、買い取った場合とレンタルではトータル的な費用に大きな差が出てきます。使用後3〜10年間の費用を比較!
セントラル浄水器のメリット・デメリット
初期費用が高いのが唯一の難点と言えるセントラル浄水器ですが、ランニングコストは安く、一家の健康を支えてくれるメリットがあります。