HOME » 意外と知らない水についての疑問を調査!

意外と知らない水についての疑問を調査!

水に含まれる塩素の働きって?放射能は含まれる?など、水について知っておきたい基礎情報を紹介しています。

水について知っておきたいこと

私たちが普段あたり前のように使っているお水ですが、どうやって作られるのか、水道水に含まれる成分や硬度についてなど、意外と知らないことも多いですよね。

そもそも水道水が作られるには、雨水を溜めたダム、湧き水、地下水、河川などのの水源から浄水場に水を引っ張ってきて、家庭で安全に使えるよう何重にもろ過してから、各家庭の蛇口に送られてきます。

もともとはその地域の雨水や河川などから作られているので、日本では震災後の放射能の影響も気になりますよね。

ここでは、より安心して水を使うために、最低限知っておきたい4つの知識をご紹介します。その他によくある悩みとして、ミネラルウォーターと浄水器の比較ページも作ってみたので、よかったらこちらも参考にご覧くださいね。

塩素はないほうがいい?

そもそも塩素とは何か、塩素の働き、体への影響、家庭での除去方法を紹介。塩素は人間の体には刺激が強いことで知られていますが、実は完全になくした方が良いというわけでもないようなんです。

水の放射能は取り除ける?

震災での原発事故による放射能の影響や、水道局による日本の水道水の最新情報をまとめました。不安な人は、自宅に浄水器を付けると良いようです。

水の硬度

水は硬度によっても、硬水と軟水の2種類に分けられます。それぞれどんな特徴があるのか、味の違い、お風呂や料理に使ったときの効果をリサーチ。

水道水に含まれる成分

ミネラル、塩素、鉛…など、水道水に含まれる知っておきたい4つの成分を一覧にまとめました。有害物質を取り除いて、安全に水を飲む方法もチェック。

ミネラルウォーターVS浄水器

家庭で使うのに悩むのが、ミネラルウォーターか浄水器のどちらが良いかということですよね。ここでは、私たち主婦3人が、それぞれのメリット、デメリット、年間でかかる費用など、比較レポートしていきます。

セントラル浄水器が良く分かるおすすめの特集ページ

買取とレンタルどっちがお得?
セントラル浄水器は、買い取った場合とレンタルではトータル的な費用に大きな差が出てきます。使用後3〜10年間の費用を比較!
セントラル浄水器のメリット・デメリット
初期費用が高いのが唯一の難点と言えるセントラル浄水器ですが、ランニングコストは安く、一家の健康を支えてくれるメリットがあります。