浴室乾燥機

多くのマンションに備え付けてある浴室乾燥機のメリット、利用者の口コミ、おすすめメーカーをまとめました。電気代を抑えて賢く使う秘訣も紹介。

浴室乾燥機のメリット&マンションで賢く使う秘訣は?

主婦にとっては、なくては困る設備のひとつとも言えるのが浴室乾燥機ですね。梅雨場や急に雨が振ってきた時も、浴室乾燥ができれば洗濯の手間をぐっと減らせます。

本体は浴室の換気扇と一体型になっているのが一般的で、暖房、冷風機能が使える高性能タイプも人気があります。

浴室乾燥機のここが便利!
  • 梅雨場や急な雨の日に洗濯物を乾かせる
  • 室内干しの嫌なニオイや花粉を防止
  • 除湿効果で浴室のカビを防止
  • 暖房や冷風機能付きなら、真夏と真冬のお風呂がより快適に(ヒートショック対策にも)

乾燥機能以外にも、暖房があれば高齢者のヒートショックを防いだり、暖房を入れっぱなしにして贅沢にサウナとして使ったり、毎日のバスタイムもより快適になりそうですね。

ただし、換気、乾燥、冷風、暖房の中では、とくに乾燥と暖房機能の光熱費が高く、エアコンと同じくらいの費用がかかるのに注意したいところ。

洗濯物を浴室乾燥機で乾かす場合、家族4人分だと5時間かかる場合もあるのだそう。梅雨の時期などひんぱんに使っていれば、冬場と同じくらい電気代が上がってしまいそうですね。

洗濯物の乾燥で電気代を少しでも抑えるには、

  • 冷風機能で乾かしてから(2時間ほど)仕上げで乾燥機能を使う
  • 室内で半乾きにしてから浴室乾燥機にかける
  • 換気扇を付けるタイミングで洗濯物を乾かす(同時に浴室のカビも防止)

などの工夫をすると良いようです。

浴室乾燥機を導入した人の口コミ

  • 新居のマンションに浴室乾燥機が付いていて、あまりの多機能ぶりにびっくり。洗濯は2人分なら2時間で乾くし、夏は冷風で涼しく、冬は暖房でお風呂に入るのが快適です。24時間換気機能で、カビもなく掃除も楽になりました。
  • 電気代はかかるけど、洗濯が確実にニオイもなく一定時間で乾くのは、夫婦共働きには何物にも変えがたいですね。いつでもしたい時に洗濯ができて、せっかく洗濯したのに午後から雨が…という時のストレスもなし!
  • 乾燥は使わないけど、暖房機能が便利で手放せません。うちはおじいちゃんが高血圧なのでヒートショックの心配もなく、服を脱いでいる間に暖房を付ければ、体を洗っている間中ポカポカ。お風呂から出たあとも、浴室で体を拭くので湯冷め知らずです。

浴室乾燥機のおすすめメーカー

TOTO株式会社

浴室乾燥機おすすめメーカー_TOTO_キャプチャ画像
画像引用元:TOTO公式サイト
http://www.toto.co.jp/index.htm#Pointer
所在地:福岡県北九州市小倉北区中島2-1-1

ウォシュレットをはじめ、トイレや浴室まわりの設備が海外からも高く評価されている一流メーカー

天井埋め込み型の浴室乾燥器は、長期間安全に使用できる「特定保守製品」としても認定されています。

全国のショールームでは、現物を見ながらプランやカラーを提案してもらえるそう。

TOTOの商品例

三乾王(ビルトインタイプ)
商品価格 戸建て向け128,000円、マンション向け133,000円
機能 衣類乾燥、暖房、換気、涼風、24時間換気、タイマーなど
天井埋め込み式タイプで、見た目のスマートさも人気の製品。電気代を節約するエコ乾燥モードや、一気に浴室を暖める入浴モードなどもあって、便利に使えそうです。

セントラル浄水器が良く分かるおすすめの特集ページ

買取とレンタルどっちがお得?
セントラル浄水器は、買い取った場合とレンタルではトータル的な費用に大きな差が出てきます。使用後3〜10年間の費用を比較!
セントラル浄水器のメリット・デメリット
初期費用が高いのが唯一の難点と言えるセントラル浄水器ですが、ランニングコストは安く、一家の健康を支えてくれるメリットがあります。