ディスポーザー

新築のマンションや戸建ての最新住宅設備・ディスポーザー(生ゴミ処理機)の特徴、使い方、口コミをまとめました。おすすめメーカーも紹介。

主婦から人気のディスポーザーとは~マンション&戸建ての住宅設備

ディスポーザーは、新築マンションなどのキッチンの排水溝に備え付けてある、生ゴミを自動で処理する機器です。使い方は、スイッチを入れて水を流すだけでOK!それだけで料理のたびに出る生ゴミが処理できて、キッチンを常にキレイな状態に保つことができます。

ディスポーザーのここが便利!
  • 生ゴミを袋で包んだり、いちいち捨てに行く手間がない
  • シンクの臭いやヌメリが防げる
  • 魚を使っても臭いが残らない
  • 自宅で処理してから放流するのでエコにも良い

生ゴミをその都度流せるというのは便利ですよね。排水溝のヌメリもなくなるので、掃除が驚くほど楽なのだとか。

ただ、使用時には電気代がかかったり、機器によっては音がうるさい、全ての生ゴミが処理できるわけでもないことなどが注意したいところです。

ディスポーザーでは、基本的に玉ねぎやトウモロコシの皮、果物の皮や芯などの繊維質のゴミはNG。メーカーによっても処理できないものや、電気代は変わってくるそうなので、最初にその点を確認しておくと良いかもしれませんね。

ディスポーザーを導入した人の口コミ

  • マンションに付いていた設備の中で、一番重宝したのがディスポーザー。マンションは気密性が高いし、何かと臭いが残りやすいですが、夏場仕事から帰っても三角コーナーから嫌な臭いがすることはなく快適です。
  • 今まで魚は頭とはらわたを落としてもらってから使ってたんですが、生ゴミの心配がないので、丸ごと買ってきて新鮮なお魚が使えます。美味しいものを食べるためにもディスポーザーは便利!
  • シンクがヌメヌメしないので掃除が楽になりました。あとは、排水溝にネットをかけなくても良いのが意外と便利。これだけでもディスポーザーを買う価値があるくらい、地味な作業が減ってストレスがなくなりました。

ディスポーザーのおすすめメーカー

株式会社ISEジャパン

ディスポーザーおすすめメーカー_ISEジャパン_キャプチャ画像
画像引用元:ISEジャパン公式サイト
http://www.insinkerator.jp/
所在地:東京都千代田区神田美倉町9 神田美倉町ビル13階

アメリカの大手電子機器メーカー・エマソンエレクトリック社のディスポーザー専門ブランド「エマソンinSinkErator製品」の正規輸入代理店。

アメリカでのディスポーザー市場でのシェア率は85%以上と信頼性も抜群です。商品は日本の市場向けに作られたもので、アフターサービスも万全に行ってくれるそうです。

ISEジャパンの商品例

家庭用ディスポーザー
本体価格 要問合せ
1回の使用がわずか30~40秒でOKという家計にも優しい生ゴミ処理器。その都度水を流して生ゴミを処理する「連続投入式」と、溜めてから一括で処理する「バッチ式」を使い分けられるのもうれしいところ。

セントラル浄水器が良く分かるおすすめの特集ページ

買取とレンタルどっちがお得?
セントラル浄水器は、買い取った場合とレンタルではトータル的な費用に大きな差が出てきます。使用後3〜10年間の費用を比較!
セントラル浄水器のメリット・デメリット
初期費用が高いのが唯一の難点と言えるセントラル浄水器ですが、ランニングコストは安く、一家の健康を支えてくれるメリットがあります。